人柱しないヒトバシラー

PCとバイクのブログ。ちなみに人柱はもはやほとんど関係ありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ [ --/--/-- | --:-- ]
Category: スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Pioneer DVR-111D 111化or111L化 

前回に引き続き、私はPioneerのDVR-111Dも所持しているのですが、これ、DVD-RAM対応の同110と更にLabelflash対応の110Lがあるとのこと。
しかも、ハード的な構造は同じで、ファームで制御しているっぽいということではありませんか!

これは・・・やるしかありませんね!
というわけで、DVR-111Dの111or111L化です。

わからない人のために(わからないならやらない方がよいのですが)一応
ラインナップの中で一番下位で当然安いDVR-111Dと、DVD-RAM書き込みに対応のDVR-111と、加えLabelflashに対応したDVR-111Lですが、どれもハード的な構造は同じで、ファームウェアで機能を制限(表現が正しいかは微妙ですが)しているというのです。
つまり、一番安い111Dを買ってうまく111Lのファームを入れてやれば・・・ウマー!!

で、やり方ですが、まずお約束通り自己責任で。
今更解説は各所でされているので一番わかりやすい↓を参考にしてください。
http://dvdtakoyaki.hp.infoseek.co.jp/page007.html

当方はバルグ版のDVR-111Dを使用しましたが、同じやり方で一気に111L化できます。
ちなみに第1段階だけでとりあえず111L化はされます。

資材はここ(危険兄弟)から「8.19 INT (Buffalo-Internal)」を入手します。
勝手に転載していいのか不明ですが、一応無くなると困るので資材置き場にも・・・(ry

DVR-110D,110,110L:フェイス , ドスパラ , Two Top , TSUKUMO , クレバリー , PC-Success
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/24 | 20:57 ]
Category: 自作PC | TB(0) | CM(0)

NEC ND-3550Aを4550A or 4551A化 

当方所持のNEC ND-3550Aですが、こんな情報を手に入れました。
まず、同じような仕様の同じような型番でDVD-RAM書き込み対応のND-4550Aと更にLabelflash対応のND-4551Aとがあるのですが、これらがハード的な構造は同じでファームウェアだけが違うというのです。
つまり例えば下位の3550Aと最上位の4551Aは構造が同じなので3550Aにうまく4551Aのファームウェアを入れられれば、4551Aとして動作し、またそれが可能だというのです!!

生活の知恵というものですかね。
で、やり方と言いたいところですが、何せ次期ドライブも出た今更ドライブも入手困難ですし、当然解説されているサイトもあるので、そちらに任せるとして、報告程度にしていたいと思います。

参考(CD-R実験室様)
http://homepage2.nifty.com/yss/355024551/355024551.htm

私のほうでは、IOdataのDVR-3550LEを使用しまして、解説通り行った結果ND-4551Aとなりました。

ですが、このとき使用した資材について、対応しているバージョンが限られていたりして(当時)入手に苦労した覚えがあるので、一応資材置き場に・・・(ry

ところで、このドライブDVD書き込みで6倍速フルCLVをサポートしていなくて(4-6のCLV)、個人的にはPioneerのDVR-110系のほうが使い勝手がいいのですが・・・と思っていたら!?
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/24 | 20:27 ]
Category: 自作PC | TB(0) | CM(0)

"iPod nano風"プレーヤー別バージョン! 

こちらの記事で前に紹介しましたiPod風プレーヤーですが、こちらなどにもあるように、違うバージョンも結構出回っているようです。
まぁ実際の所どれも、似たり寄ったりで中途半端な作りには変わりないのですが、私が当たったのは丁寧に裏の鏡面にiPodとリンゴマークまである"一番ひどい"ものだったようです。

ちなみに、相互リンクさせていただいております「パンヤにハマった人のブログ(とりあえず今は。)」の方が入手したのも私のとは違うバージョンだったようです。

該当記事
http://genankoron.seesaa.net/article/30007138.html#more

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/24 | 13:57 ]
Category: Mac/iPhone/iPod | TB(0) | CM(0)

Core2Duo値下げ!! 

IntelのCore2Duoですが、2007年Q2(第2四半期、4~6月)に値下げされるようです。

「07年Q2(4~6月)にCore 2 Duoが値下げ」(PINUPS - 上田新聞 blog版.)
http://nueda.main.jp/blog/archives/002434.html


上田新聞様の記事によると、かなり値下げされるようです。
更に私は今まで知らなかったE6420,E6320(L2 4MB版の6400,6300)も出ていますが、個人的には諸事情もあってなんか微妙な・・・


Core2Duo:フェイス , ドスパラ , Two Top , TSUKUMO , クレバリー , PC-Success
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/22 | 20:29 ]
Category: PCパーツ | TB(0) | CM(0)

socket479 電圧可変化改造 

前回に引き続き、今更という感じもありますが、
Aopen i855GMEm-LFSを初めとする多くのPentiumM/CeleronM対応マザーや、一部の下駄対応マザーでは電圧の変更が出来ません。
といってもOC耐性が高いことで話題のこのCPUですが、OC時にいわゆるカツ入れが出来ないのは痛いところです。

といったところで、電圧を変更できないマザーでも電圧を変更するちょっとした改造手段を。



●コア電圧を変更できないマザー向け
Pentium M VID mod

479ソケットを上から見て

        1 2 3 4 5 6 7 8 91011
  ┏━━┳━━━━━━━━━━━
A ┃   ┃  ○○○○○○○○○○
B ┃   ┃○○○○○○○○○○○
C ┃   ┃○○○○○○○○○○○
D ┃   ┃○●○○○○○○○○○   ◎VID0・・・E2
E ┃   ┃○◎●○○○○○○○○   ①VID1・・・F2
F ┃   ┃●①②●●○○○○○○   ②VID2・・・F3
G ┃   ┃○●③④○○┏━━━━   ③VID3・・・G3
H ┃   ┃○○●⑤○○┃         ④VID4・・・G4
J ┃   ┃●○○●○○┃         ⑤VID5・・・H4
K ┃   ┃○○○○○○┃         ●VSS・・・D2/E3/F1/F4/F5/G2/H3/J1/J4

希望するピン間短絡はリード線の撚り線1本を∩状にしてソケット穴に挿入。
ピンマスクはAWG30/32あたりの極細線の被覆で可。
その際、ソケット穴を少し大きくすれば楽。(かも知れない
他にはマニキュアとかセロテープとかあったけどピンの密度が上がってたぶん難しい。気合いと根性と柔軟な発想でクリアして欲しい。


VID Pentium M
┏━━━━━━━━┳━━┓┏━━━━━━━━┳━━┓
┃5│4│3│2│1│0┃VCC┃┃5│4│3│2│1│0┃VCC┃
┣━━━━━━━━╋━━┫┣━━━━━━━━╋━━┫
┃0│0│0│0│0│0┃1.708┃┃1│0│0│0│0│0┃1.196┃
┃0│0│0│0│0│1┃1.692┃┃1│0│0│0│0│1┃1.180┃
┃0│0│0│0│1│0┃1.676┃┃1│0│0│0│1│0┃1.164┃
┃0│0│0│0│1│1┃1.660┃┃1│0│0│0│1│1┃1.148┃
┃0│0│0│1│0│0┃1.644┃┃1│0│0│1│0│0┃1.132┃
┃0│0│0│1│0│1┃1.628┃┃1│0│0│1│0│1┃1.116┃
┃0│0│0│1│1│0┃1.612┃┃1│0│0│1│1│0┃1.100┃
┃0│0│0│1│1│1┃1.596┃┃1│0│0│1│1│1┃1.084┃
┃0│0│1│0│0│0┃1.580┃┃1│0│1│0│0│0┃1.068┃
┃0│0│1│0│0│1┃1.564┃┃1│0│1│0│0│1┃1.052┃
┃0│0│1│0│1│0┃1.548┃┃1│0│1│0│1│0┃1.036┃
┃0│0│1│0│1│1┃1.532┃┃1│0│1│0│1│1┃1.020┃
┃0│0│1│1│0│0┃1.516┃┃1│0│1│1│0│0┃1.004┃
┃0│0│1│1│0│1┃1.500┃┃1│0│1│1│0│1┃0.988┃
┃0│0│1│1│1│0┃1.484┃┃1│0│1│1│1│0┃0.972┃
┃0│0│1│1│1│1┃1.468┃┃1│0│1│1│1│1┃0.956┃
┃0│1│0│0│0│0┃1.452┃┃1│1│0│0│0│0┃0.940┃
┃0│1│0│0│0│1┃1.436┃┃1│1│0│0│0│1┃0.924┃
┃0│1│0│0│1│0┃1.420┃┃1│1│0│0│1│0┃0.908┃
┃0│1│0│0│1│1┃1.404┃┃1│1│0│0│1│1┃0.892┃
┃0│1│0│1│0│0┃1.388┃┃1│1│0│1│0│0┃0.876┃
┃0│1│0│1│0│1┃1.372┃┃1│1│0│1│0│1┃0.860┃
┃0│1│0│1│1│0┃1.356┃┃1│1│0│1│1│0┃0.844┃
┃0│1│0│1│1│1┃1.340┃┃1│1│0│1│1│1┃0.828┃
┃0│1│1│0│0│0┃1.324┃┃1│1│1│0│0│0┃0.812┃
┃0│1│1│0│0│1┃1.308┃┃1│1│1│0│0│1┃0.796┃
┃0│1│1│0│1│0┃1.292┃┃1│1│1│0│1│0┃0.780┃
┃0│1│1│0│1│1┃1.276┃┃1│1│1│0│1│1┃0.764┃
┃0│1│1│1│0│0┃1.260┃┃1│1│1│1│0│0┃0.748┃
┃0│1│1│1│0│1┃1.244┃┃1│1│1│1│0│1┃0.732┃
┃0│1│1│1│1│0┃1.228┃┃1│1│1│1│1│0┃0.716┃
┃0│1│1│1│1│1┃1.212┃┃1│1│1│1│1│1┃0.700┃
┗━━━━━━━━┻━━┛ ┗━━━━━━━━┻━━┛
※1→0:VSSと短絡
※0→1:ピンマスク

参考にならない参考
http://www.watch.impress.co.jp/Akiba/hotline/20050416/etc_ct479mod.html
(おそらくこれを利用していると思われる)


※改造は全て自己責任でお願いします。電圧をあまり掛け過ぎるとCPUを破損してしまう可能性があるので注意してください。


CT-479(平均価格5,866円):フェイス , ドスパラ , Two Top , TSUKUMO , クレバリー , PC-Success

・PCパーツなら

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/17 | 20:49 ]
Category: 自作PC | TB(0) | CM(0)

P4P800-VM改造 下駄FSB667/800MHz可 

今更という感じもありますが、サブ機の調整のついでに使用しているASUSのP4P800-VMというマザーの改造の話です。

同社CT-479(通称下駄)対応の中で唯一microATXでしかもオンボードでグラフィックを搭載しているのですが、このマザーなんとBIOSで電圧もFSBも変更できないのです。
普通に使って行くには何ら問題はありませんが、OC耐性の高いと言われるPentiumM/CeleronMを使用していくなかではもちろん大いに腹立たしい事です。

というわけでP4P800-VMの改造の話です。
まず最初に、Clockgen(研究用倉庫にもあります)というソフトを使えばWindows上ではOC出来るということは言っておきます。
ですが、やはりハード的にしておいた方が精神衛生上よろしいというのも確かですので。

では本題
某掲示板での情報ですが、socket478のリテンションの近くにクロックジェネレータからのパターンがあって、そこら辺をこちょこちょっと改造することでFSB667/800MHz化が可能になるという事だそうです。

やり方で、一番簡単なのは1カ所パタンカットするだけです↓(写真参照)
20061213221000.jpg
クリックで大きい画像

20061213221349.jpg
クリックで大きい画像

カットするのはSocket478リテンション取り付け穴の近くで、上の写真がおおよその位置、下の写真はカットする部分の拡大写真です。
写真上では2カ所カットされていますが、簡単にやるには上側赤丸部分だけで結構です。
これによりFSB667/800MHz化が可能になります。切り替えは下駄のシャンパで、400側で800MHzに、533側で667MHzとなります。
400/533MHzには設定できなくなりますが、切断したパターンをコンダクティブペンやその他で修復すれば元に戻ります。

ちなみに両方切断すると常に800MHzになりますが、下の写真のようにちゃんとやれば400/533MHzにも設定できるようになるそうです。(簡単ではなさそうですし私もよくわからないので特に触れませんが)

1143886806.jpg
クリックで大きい画像

1143886735.jpg
クリックで大きい画像




※改造は全て自己責任でお願いします。FSBをあまり上げすぎるとCPUを破損してしまう可能性があるので注意してください。

参考:
・下駄まとめページ
http://centrino.bnnm.net/geta.html
・該当ページ
http://centrino.bnnm.net/p800-vm.html


ちなみに、このマザー電圧の方も変更できませんが、下駄を含むsocket479系は少々ピンマスクとかでいじれば、比較的簡単に電圧も可変できるようになります。

CT-479(平均価格5,866円):フェイス , ドスパラ , Two Top , TSUKUMO , クレバリー , PC-Success
P4P800-VM(生産完了)

・PCパーツなら
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/16 | 20:48 ]
Category: 自作PC | TB(0) | CM(0)

謎のCD-R!? 

またまたなにやら怪しい物入手しました。

567x561-1165800384466556_cd1-1_s.jpg


こちらのCD-Rです。一見ごく普通のCD-Rですが、某所で100枚1,000円(1枚10円)という破格の値段で購入しました。
まぁ、この時点でとんでもないオーラを感じたのですが、質問したところ48倍速で記録できた、とのことだったので、よりによって3個(300枚)買ってしまったのですが・・・・・・

というわけでまずパッケージを見ると、ロゴ的な物はPower byBOSSとの文字。
企画:パワーシステム/販売:(株)ダイコー、となっております、ありがちな簡易パッケージのCD-Rです。

容量は80min/700MBとなっていますが、対応速度はディスク上には「for 1-2,4,8,12x」、パッケージには「標準速、2,4,8,12倍速及びそれ以上」(?)との謎の記述。(質問時には48倍速で可能"だった"との回答)
とりあえず、うちのメイン焼きドライブ(CD-R/RW)のAopen CRW5232Lで焼いてみようとすると、なんと選択できる速度が12,16,24,32,48xとなっています!!
20061215224220.jpg

やはり48xで焼けるのか、ということでやってみました↓

(反射する物をscan/撮影するのってホント難しい。用意ができ次第掲載)

すると、とんでもないことになっています。
というか、むしろ内周近くなんてほとんど焼けていないではないですか!?
・・・・・・まぁ、落ち着いて、個体差かもしれないのでもう一枚同じように焼いてみることにします↓

(前に同じ)

やっぱり変わんねぇ!!
なんで!?
と思いつつも、できあがった生焼けディスクをうちのメイン読みドライブで読んでみると、どうも調子がおかしい。

ここらで、流石に不審に思ったので、「Nero CD-DVD Speed」という無料で使えてとても便利な神ツールで正体を明かして行くことにします・・・

購入時に台湾OEMとなっていたものの、まずは製造元と本当に48倍速に対応しているのか、から見てみると(画像は一括して最下部に掲載します)、速度はApoen CRW5232Lでは確かに「12,16,24,32,40,48x」に。
製造者は「MultiMediaMasters&Machinary」。ところが検索してもDVD規格制定の時期あたりのMultiMediaMasters&Machinary(スイス)との記事くらいしか該当しません。イマイチ不明です。
では、製造者は置いておいて、速度のほうを検証します。
現に48倍で焼けていないのですからということで、手持ちの他のドライブでも調べてみて、さらに先ほど焼いたディスクのscanとエラーチェックをし、また実際にディスク上の記載に従って12倍速で記録してみることに。

その結果です。(画像はすべてクリックで大きい画像に)


●まず手持ちの書き込み可能ドライブでのディスク情報。(参考としてドライブの最高速度も書いておきます)
info_Aopen.jpgAopen CRW5232L
対応速度:12,16,24,32,40,48x
ドライブのMAX:CD-Rx52/RWx32
info_ND-4551A.jpgNEC ND-4551A
対応速度:8,16,24x
ドライブのMAX:CD-Rx48/RWx32
info_SHM-165P6S.jpgLITE-ON SHM-165P6S
対応速度:8,16,24,32,40,48x
ドライブのMAX:CD-Rx48/RWx32
info_SW-9574S.jpg松下寿 SW-9574S
対応速度:8x
ドライブのMAX:CD-Rx40/RWx24
pio.pngPineer DVR-111L
対応速度:4,10,16,24,32,40x
ドライブのMAX:CD-Rx48/RWx32

という具合に、まちまちです。(ドライブによってはディスク記載の12倍速さえも不可なのもあります)


●48倍速で生焼けになったディスクのエラー測定とディスクスキャン
※エラー測定は焼いたAopen CRW5232Lと比較のためLITE-ON SHM-165P6S両方で行いました。Disc scanのほうはSHM-165P6Sがうちではメイン計測ドライブでして、あまりおかしなディスクを読みたくないので、特に読みが強いと言われているSAMSUNG SD-612S(DVD-ROMドライブ)でスキャンしています。
エラー計測
error_x48-1_aopen.jpg
書き込み:Aopen CRW5232L(x48)
読み:Aopen CRW5232L(MAX)
なんと初っぱなから53055ものC2エラーが。一見少ないように見えますが、C1もC2も左側の目盛りが相当すごいことになっています。
error_x48-1__SHM-165P6S.jpg書き込み:Aopen CRW5232L(x48)
読み:LITE-ON SHM-165P6S(MAX)
同じディスクですが、C1エラーが865出ているもののC2の方はでずいい感じに見えます。
error_x48-2_SHM-165P6S.jpg書き込み:Aopen CRW5232L(x48)2枚目
読み:LITE-ON SHM-165P6S(MAX)
こちらも良く見えることには見えますが・・・
ディスクスキャン
scan_x48-1.jpg書き込み:Aopen CRW5232L(x48)
読み込み:SAMSUNG SD-612S(MAX)
初っぱなから破損とかなっている上に、後半(外周)にも破損部分が出ています。大変良くない状態ですね。
scan_x48-2.jpg書き込み:Aopen CRW5232L(x48)2枚目
読み込み:SAMSUNG SD-612S(MAX)
こっちもこっちで初めと中盤と後に破損が出ています。やはり個体差ではなく48倍速で書き込むのがいけないようです。

(書き込み日も8April2006とズレています)


●参考にディスク表記通りきっちり12倍速で焼いたディスク
エラー計測
error_x12_aopen.jpg書き込み:Aopen CRW5232L(12x)
読み込み:Aopen CRW5232L(MAX)
一部でC2が出ている物の目盛りが低い分グラフ上長く見えるだけで値は4です。
ディスクスキャン
scan_x12.jpg書き込み:Aopen CRW5232L(x12)
読み込み:SAMSUNG SD-612S(MAX)
一番最初に破損部分がある物の、他にはなく全体でも0%となっています。


上の結果から、やはりこのディスク12倍速までで書き込みしておいた方がいいようです。事実、一部ドライブでは48倍速の方でもそれなりに読み込めますが、記録面が目視上だいぶ違ってきます。また比較はしていませんが試しに24倍速で書き込んでも、48倍速と同じ結果となりました。
(CD-Rなどを書き込んだことがある人ならわかると思いますが、書き込む前と後では記録面の色が全然変わるのですね。で、12倍速で焼いた方は普通通り焼いた部分きれいに焼けているのに対して48倍速の方はムラがある上に内周付近は焼く前と色がほとんど変わっておりません)

選択可能な速度といい、製造元といい本当によくわからんディスクです。
これ買った人は、48倍速とか選択してしまった日にはディスクを1枚無駄にしてしまうのとほとんど一緒ですので注意してください。12倍速も48倍速も時間的に大して変わらないのだし。

※ここでの計測結果などはあくまで参考値です。もちろん検証結果は上記の通りですが、計測値は目安ですしすべてのディスクや環境で同じ結果になるとは限りませんと言っておきます。一応。


07/01/13 一部追記

CD/DVDディスク:フェイス , ドスパラ , Two Top , TSUKUMO , クレバリー , PC-Success
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/15 | 23:05 ]
Category: その他PC系 | TB(0) | CM(1)

ASUS マザーボード開発者インタビュー記事 

OCTECHに台湾の大手マザーボードメーカーASUSの開発者にインタビューした記事が載せられています。

http://www.octech.jp/modules/wordpress/index.php?p=67

記事にはOCTECHの名前からもらしく、OCに関する話題から独自機能などに関する意見の交換もなされており、メーカー側がどんなことを考えているのかがわかって大変参考になります。

・OCTECH
http://www.octech.jp/modules/wordpress/index.php?p=67
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/14 | 22:19 ]
Category: PCパーツ | TB(0) | CM(0)

iPodで16:9のワイド動画を再生する 

遅くなりましたが、ここのところまた更新の間隔があいてしまいました。
まぁ、前回に更新の間隔が開いたときも、何かしら研究(というか問題の解決)をしていたのですが、例によって今回もそういうことです。

で、何かというとiPod(第5世代の30GBホワイト)なのですが、前からワイド(アスペクト比が16:9)な動画を、そのまま変換し再生すると縦に細長い画になってしまうのがごっつ気になっていたのです。

でで、突如思い立って、調べてみることにしました。

とりあえず理屈とか経過を書くと長くなるので、やり方だけ。
変換には「携帯動画変換君」を使用しています。
とりあえず、方法としては2つあって、それぞれ長所短所があるので使い分けるのがよろしと思います。

1.16:9の比で動画を変換する
一番手っ取り早いのが、最初から16:9のワイド映像を作成してしまうことで、通常320x240の大きさで変換するところを320x180とします。
変更の仕方は、Transcoding.iniの"-s 320x240"って所です。
但し、この方法だとiPodで再生時には左右がそれぞれ切れてしまいます。(その分映像が表示される領域は大きくなり拡大された感じ?になる)

2.画像自体の比率は変えずに4:3の映像を作る
わかりにくい言い方になりますが、つまり16:9のワイド画像(細長い)の上下に黒い帯のような物を足して縦に引き延ばされないようにするのです。
変更の仕方は、画像の大きさの所は"-s 320x240"のまま、その直前に"-padtop 30 -padbottom 30"を加えます。上下に黒い部分を30(単位はピクセルだっけ)加えるという意味です。
これでiPodで再生した場合には元と同じように再生できますが、上下に足している分実際に表示する領域が少なくなり、iPodの小さい画面で字幕などを表示すると読むのが困難になるかもしれません。(もっとも1の方法でやっても左右切れた部分の字幕が表示されなければしょうがないでしょうが)


とりあえず2つの方法を用意しました。
のちほど比較したサンプル画像とかを更新する予定なのでとりあえず
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/13 | 21:51 ]
Category: Mac/iPhone/iPod | TB(0) | CM(0)

X-QPack電源なしモデル 

こちらなどで紹介されております、microATX対応のキューブ型ケース「Aspire X-QPACK」ですが、先日ケースマニアックというケース専門の通販ショップを見ていたとことこんな物を発見しました。

「FREEDOM FPC-EZシリーズ」
http://www.casemaniac.com/item/csmat00.html#fd

写真を見ても、色こそ追加されているものの外観は全く同じに見えます。
調べてみると、「ASPIREのキューブ系microATXケース「X-QPACK」の電源無しモデル。」とのことだそうです。

参考
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060826/ni_i_cs.html#fpcez
(電源ありモデル)
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050625/ni_i_cs.html#xqpack

このケース、電源ありモデルでは付属電源の作りが良いとは言えない代物だったため、電源が原因と思われる不良が結構報告されていました。
(私自身も、当時店などでは入手困難だったため、かなり苦労して購入した覚えがあります。)
事実、私の所でも不具合が確認されました。(電源に搭載されている8cmLEDFANの風量不足により不具合が起きていたようで、私の環境では改造で別途FANを付けてやることで安定しましたが)

今回は別途電源を用意する形となりましたが、通常のATX電源搭載可能とはいえ、奥行きが短めの電源でないと光学ドライブと干渉します。

それと、このケース結構板が薄いので、注意が必要です。

現在はスペースの関係で、過去記事でサブPCについて書いたときのようにスリム型ケースになっていますが、大掃除の機会にまた復活させてみようかなとも・・・
その時には、今更ながらついでにレポするかもしれませんのでよろしく

購入(標準価格9,800円):フェイス , ドスパラ , Two Top , TSUKUMO , クレバリー , PC-Success
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/12 | 20:55 ]
Category: PCパーツ | TB(0) | CM(0)

筋肉電源再び!? 

前回記事にて、動物電源である事が判明したリンクスの筋肉電源ですが、懲りずに第2弾が発売されたようです。

リンクス、2980円からの廉価電源「筋肉電源」第2弾発売

ラインナップは350W(8cm)/400W(8cm)/400W(12cm)/500W(8cm*2)の4種類で最廉価モデルの350Wで2980円からそれぞれ3980円/4280円/5280円となります。
全てのモデルで12Vラインを2系統装備し、安定した電力供給を・・・ということですが、実際の所350Wモデルの12V1-10A/12V2-13Aってどうなのでしょうかね。

ちなみに、もうしばらく電源は足りているので購入・検証する機会はたぶんありませんが、今回も動物電源なのでしょうかね。
個人的にはやはりメイン機など重要なところにはちゃんとした電源を使用していきたいところです。


筋肉電源 製品情報 - http://www.links.co.jp/power/drbniku2.html

関連記事 - http://yabu3.blog76.fc2.com/blog-entry-94.html
筋肉電源(ITmedia) - http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0511/07/news018.html
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2006/12/04 | 22:59 ]
Category: PCパーツ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yabu

Author:yabu
細々と大型バイクを維持している情報科の大学生。

2011北海道ツーリング記

・バイク
大型自動二輪免許
HONDA VFR800(RC46-2 '02年式)

・PC/ガジェット
ThinkPad Edge E130
ThinkPad X201s
MacBook Air(mid2011)
ThinkPad G50
Thinkpad X31

(自鯖)
Core2Duo E8400
mem 8GB
ASUS P5Q-EM
Gentoo Linux(kernel 3.5.7)

・CGIゲーム
野球ゲーム
劇空間ぱわふるリーグα
劇ぱわ 超短期決戦
劇空間ぱわふるリーグ ランキング無料ブラウザゲーム
すごろくゲーム
珍走記
珍走記★リアルタイム
珍走記★リアルタイム2
無料CGIゲーム【珍走記】設置サイトランキング

メールフォーム(予備)

最新の記事
最新のコメント・トラックバック
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。