人柱しないヒトバシラー

人柱はもはやほとんど関係ありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ [ --/--/-- | --:-- ]
Category: スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LAN接続されたPCを使ってデュアルディスプレイ「MaxiVista」 

突然ですが、「MaxiVista」ってソフトを知っていますか?

実は結構前からあるソフトで、簡単に言えば、LAN接続された別のPCを使ってデュアルディスプレイにしてしまうというソフトなのです。
いろいろレビューされていますが、これらを見た限りどうやらかなり使えそうなソフトのようです。

LAN接続で簡単デュアルディスプレイ――エージーテック「MaxiVista」を試す
古いPCを外付けディスプレイで活用「MaxiVista」
ネットワーク接続されたパソコンを2台目のモニタとして利用できるユーティリティ

というわけで、早速使ってみました・・・・・・と行きたいところなのですが、そう簡単にはいかないようでして、ここでは結局使えるようになったのですが、レビューの前にその起きた問題も報告していきたいと思います(その関係もあり結構長いレビューとなってしまっています) まず、インストールです。(ちなみに、このソフト日本では既に販売完了で入手に多少の困難あり)
今回サーバーにするのは私のところのメインPCで、既に物理的にデュアルディスプレイなのですが、ブラウジング、メール、TV・DVD等鑑賞、プログラムなどすべて行うため、使い方としてはちょっと特殊かもしれませんが、デュアルディスプレイ→トリプルディスプレイという形となります。(メインPCの環境

というわけでインストール。インストールすると仮想ディスプレイドライバが認識されます(↓)それを経由し2台目のPCへと表示されるという仕組みです。
d.png

というわけで、ちゃんと「Maxi_Vista_DriverA」として認識されていることを確認して再起動・・・
と、ここで問題が発生しました!
Windowsの起動の途中で自作PC恐怖のブルースクリーンとなり起動できないのです。仕方ないのでWindowsのシステムの復元機能の「前回正常に起動したときの設定」オプションでインストール前の状態で起動することは出来たのですが、再度やっても同じ結果となります。

調べてみると、以下のようなものを発見しました
・ATI のビデオ・チップを使用している場合、"Ati HotKey Poller" サービスと MaxiVista がコンフリクト(衝突)する現象が確認されております。
http://www.maxivista.jp/sysreq.html

さらに、検証として試したDELLのPC(グラフィックはi845G)では正常に使用できたのとWindowsVistaのサブ機(グラフィックはAti Radeon9600XTだがドライバはVista標準)ではVista対応でないため使用は出来なかったものの落ちることは無かったことから、これが原因っぽい・・・

仕方ないので、Atiのドライバをアンインストールすることにします。
というのも、組み立て時に何の気無しにAti純正ドライバをインストールしたのですが、ご存じの通りomegaやDNAなどのカスタムドライバもあり、一般的にomegaはパフォーマンス、DNAは画質に最適化されている言われていて試してみようと思っていたところだったので、ちょうど良かったと言うことにしましょう。

そんなこんなで、DNAのドライバで再度挑戦してみます。が、結局またブルースクリーンになります。
ここらで、Atiのドライバの出来は・・・と言われていたこともあった理由がわかったような、とうとう初のnVidia系の購入かとも思い初め、あきらめ掛けた頃にアンインストール画面でふと「ASUS graphic...Driver」(正確な名称は忘れた・・・)を発見。
何となく、アンインストールして再起動すると、普通に起動したのです。
まったく。結局Ati純正ドライバから乗り換えた意味はあったのかどうかはわかりませんが、同じような環境の人に参考になれば幸いです。

で、早速使用していきます。
クライアントとして使用するPCは、HP Compaq nx6310(グラフィックは945GM,CeleronM430,512MB)というノートPCで、いろいろあったサーバー側に比べこちらは作成されたプログラムをコピーするだけと非常に簡単です。
あとは、これを起動して、サーバー側で「2台目ディスプレイを有効」とするだけで、ノートPCの画面がメインPCの3台目のモニタとして表示されるようになりました(細かい手順的なものはマニュアルなり各レビューなりを参照)
で、実力はというと、これすごいことにフルスクリーンでの動画再生も私の環境ではコマ落ちなしに可能でした。
つまり、ノートでは増設しにくいTVカードをデスクトップで視聴した状態で無線LANでノートPCの画面に移せば、電波の届く範囲内なら視聴可能みたいな使い方も・・・
ただし、gigabit接続のネットワーク使用率が9~10%(100Mbpsで100%近く)で、サーバー側のCore2Duo@3.2GHzでもCPU使用率が30%前後(同じ動画を普通に再生時には常時5%未満)、クライアントのノート(CeleronM430 1.73GHz)のほうの負荷も軽くはなく、やはり無線LANや古めのPCですと動画再生までは難しかもです。
それでも、通常の用途としての使用時にはかなり軽く、操作している感じもVNC使用時よりも快適な感じで、非常に良い感じです。

このソフト、本家の方では日本語に対応してはいないものの、v3まで出ていて購入可能みたい。
興味がある方はデモ版として体験もできるので一度試してみる価値アリです!

▼動作の様子(一番左がMaxiVistaで増設したモニタ。動画も正常に再生できる!)
dc.jpg
クリックで大きい画像




蛇足ですが
ちなみに、このソフト追加インストールで最大3台まで拡張可能で、私の環境なら物理的に2台+MaxiVistaで3台の合計5台が使用可能で、ビデオカードの2枚差しなどをすればWindowsXpのサポート最大10台まで増設できるそうです。

Atiのドライバ、前はクリーンにアンインストールするのにコンパネやらユーティリティやらいくつもアンインストールをしたりレジストリ削除したししたのに、今回一括アンインストールツール的なものが入っていて、一発でアンインストールできた。便利になったものです。

ノートPCのほうなぜ無線LANで検証していないかというと、2段になってしまっている無線LANルーターのNTT-ME MN8100WAGのユーザーインターフェースがコマンドラインで使用するポートの開け方がわからない(泣・・
詳しく調べている暇もないし、使っている人いたら情報くださいです・・・


デュアルディスプレイに必須なモニタ・ビデオボードなら:フェイス , ドスパラ , Two Top , TSUKUMO , クレバリー
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2007/02/19 | 21:25 ]
Category: その他PC系 | TB(0) | CM(1)
こんばんわ!
私は一応自動車科なので乙4は必須です・・・・
何とか取りましたが次はボイラで、これまた激ムズの資格なんですよ・・・・・
危険物は全種持っていると進学に大変有利だそうです。
なので取ろうと思いました。
しかし世の中は甘くは出来てないようですね・・・・・
[ 2007/02/20 20:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:y
情報科の大学生。


・PC/ガジェット
ThinkPad Edge E130
ThinkPad X201s
MacBook Air(mid2011)
ThinkPad G50
Thinkpad X31

(自鯖)
Core2Duo E8400
mem 8GB
ASUS P5Q-EM
Gentoo Linux(kernel 3.5.7)

最新の記事
最新のコメント・トラックバック
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。