人柱しないヒトバシラー

PCとバイクのブログ。ちなみに人柱はもはやほとんど関係ありません。

Windows7(x64) + PT1 + Driver2.0 + SDK2.0 + BonDriver_PT-ST + Spinel3.222 

**Windows7(x64) + PT1 + Driver2.0 + SDK2.0 + BonDriver_PT-ST(人柱版) + Spinel3.222の設定の件(TVTest0.555で視聴確認)

前までの記事のように、Windows7(x64)を導入したわけだが、PT1がTVTest等で直接は使用できるにも関わらず、Spinelだけ使用できなかった原因がやっとわかった。


原因は、BonDriver_Spinell.dll.iniのTunerPathの設定で、
ドライバ1.0ではコメントアウトされてリストアップされている所から選べば良かったところを、
ドライバ2.0ではデバイスが「PT」と認識されるため[DeviceNo]もPTに変更しなければならないのを見落としていたことだった。

例)PT1のT0チューナーの場合
ドライバ1.0 → TunerPath = "PT1/0/Terra/0"
ドライバ2.0 → TunerPath = "PT/0/Terra/0"

091026.png



【3波対応】 アースソフトPT1 rev33 【4TS】
>>
492 :名無しさん@編集中:2009/10/25(日) 19:46:06 ID:8bd7nAIj
OSを再インストールしたんで0からpt1+spinel+BonDriver_PT-ST各最新版を入れなおしたら
何度やってもBonDriverの初期化に失敗する。何でだと思ったら
BonDriver_spinel.dll.iniのチューナパスが"PT1/0/Satellite/0"のままだった
"PT/0/Satellite/0"に変えたらちゃんと動作した

493 :名無しさん@編集中:2009/10/25(日) 20:58:53 ID:+qDrb3DM
>>492
おれもそれ、2.0系にしたときにはまったw
ダメ元で書き直したら、あっさり動いたという。

494 :名無しさん@編集中:2009/10/25(日) 21:34:48 ID:8bd7nAIj
>>493
なまじっかiniファイルにコメントとしてリストアップされてるから
コメント外すだけで使おうとしてしまうんだよねw
<<


**Windows7 x64でPTxのドライバをインストール
Windows7 x64ではドライバの署名が必須になったが、PTxの公式ドライバは署名が付いていないのでそのままだと使用できない。
そこで、すでに各地で情報が出ているが、下の2つの方法で回避できる。環境とスキル合わせてやりやすい方をチョイスする。

① DTV関連ツールにある「2.0-PT1(2)用 Win64bit版 署名対応ドライバ(パスワードはなし)」(パスワードはなし→パスワード「hanasi」) + テストモード起動(コマンドプロンプトで「bcdedit /set TESTSIGNING ON」)で署名開始するか
2.0-PT1(2)用 Win64bit版 署名対応ドライバ Readme



② Universal Extractorでドライバを解体→手動でインストール + ReadyDriverPlusか起動時F8キーで「ドライバ署名の強制を無効にする」
>>
308 :名無し~3.EXE[sage]:2009/05/05(火) 14:05:39 ID:44sMXgrQ
>>280
> innounp.exeでドライバファイル解凍してた。infやらsysファイルができた。
> これを解凍したディレクトリをドライバーのインストールの画面で指定すると
> なんかインストールするような動きをしたが止まるなあ。
> windrvr6_EARTHSOFT_PT1_64.sysをwindrvr6_EARTHSOFT_PT1.sysにリネームして
> C:\WINDOWS\system32\driversにおいてスキャンかけたらPT1を認識して
> 「正常に動いている」と出るようになった。
> TVtest動かしてもエラーが出なくなったが、チャンネルスキャンの画面がグレイアウトしている。
> まだ何か足りないのかな。

EARTHSOFTのPT1、無事、認識しました。PV4も同様です。とりあえずVista64bitなみにはできました。
1 インストールドライバーをUniversal Extractor(innounp.exeは最新のものに差替え)で解凍
  解凍してできたinf、sysファイルのうち、ファイル名に"_64"のあるものについて"_64"を削除してリネーム
2 デバイスマネージャーのレガシーハードウェアの追加で、直接infファイルを指定して、ドライバーをインストール
3 PT1でTVtestなどは管理者権限が必要(PVはそのままでOK)
4 ドライバ署名自動無効化のためReadyDriver Plus V1.1をインストール
  そのままではブートエラーがでるので、コマンドプロンプトから次のコマンドを入力(コマンド入力前後をbcdedit / enum allで確認すると{default}のリアル モード ブート セクターが追加される。)
  bcdedit /default {default}
  bcdedit /set {default} device partition=C:
  bcdedit /set {default} path \BOOT\boot.bin
  bcdedit /set {default} description "ReadyDriver Plus"
<<


うちの環境では①で現在正常に動作しています。



**ドライバ関連の正しい組み合わせは、

本家ドライバver1.0 + SDK1.x系 + [up0199]BonDriver_PT1-ST-shm (人柱版3改) 0.3.0.13 / 残念な人Ver か [up197]BonDriver_PT1-ST(人柱版5)

本家ドライバver2.0 + SDK2.0 + [up245]BonDriver_PT-ST(人柱版)



**その他
-どっかの書き込みで見た、カードリーダーGemalto PC Twin (USB)のドライバはWin7(x64)でもOS標準でok
本家に英語だかフランス語だかの64bit版があるみたいだけどスルーで使えてる。

-インターレース解除がうまくいかない(インターレース出力されている訳ではないが、一部解除しきれてないような状態)は、SDK2.0βが原因かも。SDK2.0正式版入れ直したら、全く同じ環境でちゃんと解除されるようになったので。

-Spinel使用時、B25Decoderオプションを使用するとSpinelが異常終了する等の不具合が報告されているようなので、別途BonCasLinkでスクランブルは解除する方が良さ気。
関連記事
FC2 Management
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2009/10/26 | 00:59 ]
Category: PCパーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yabu

Author:yabu
細々と大型バイクを維持している情報科の大学生。

2011北海道ツーリング記

・バイク
大型自動二輪免許
HONDA VFR800(RC46-2 '02年式)

・PC/ガジェット
ThinkPad Edge E130
ThinkPad X201s
MacBook Air(mid2011)
ThinkPad G50
Thinkpad X31

(自鯖)
Core2Duo E8400
mem 8GB
ASUS P5Q-EM
Gentoo Linux(kernel 3.5.7)

・CGIゲーム
野球ゲーム
劇空間ぱわふるリーグα
劇ぱわ 超短期決戦
劇空間ぱわふるリーグ ランキング無料ブラウザゲーム
すごろくゲーム
珍走記
珍走記★リアルタイム
珍走記★リアルタイム2
無料CGIゲーム【珍走記】設置サイトランキング

メールフォーム(予備)

最新の記事
最新のコメント・トラックバック
FC2カウンター