人柱しないヒトバシラー

人柱はもはやほとんど関係ありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ [ --/--/-- | --:-- ]
Category: スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Macbook Air(mid2011) + VirtualBox4.1 + Win7 

Macbook(late2006)ではBootcampでWindows7をデュアルブートにして使用していたが、今回Macbook Air(mid2011)では、なんとか仮想化して実用できないかと思い始めた。
Mac OSX10.7 Lionが思っていたより使いやすいのでせっかくならMacをメインに使いたいのと、Windows機ならThinkPad x201sがあるので。
当面は家でも外でもx201sとMBAをメインに使っていくつもり。デスクトップは解体してしまったし。


という訳でMacをホストにして使える仮想PCソフトというと、
Parallel Desktop6(有償)
VMware Fusion3(有償)
VirtualBox4.1(無償)
がある。
ParallelとVMwareはやっぱり有償なだけあって、多機能かつ安定していて、特に無償のVirtualBoxと比べるとグラフィック関係のパフォーマンスでかなり差があるようだ。

とはいえ、どちらも優待版でも8000円近くするので、とりあえず無償のVirtualBoxで様子を見る事にした。
4.1になって試験的ではあるもののWDDM対応(Aeroが使える)になったようなので。
VirtualBox 4.1登場 - VMクローン、1TBメモリ、Aero対応、OSX Lion対応ほか

(続き) とりあえずゲスト側にはCPU 2コアとメモリ1.5GBを割り当てして、ディスプレイ設定はMAXに振っておく。
HDDは可変容量なので余裕を持って45GB確保。

さすがSSD搭載機なだけあって、インストールはごく順調。
mba-win01.jpg


OSがインストールされたらGuest Additionsをインストール。
マウスやキーボードの結合と、各ドライバが導入されます。
注意事項としては、Direct3D関係のドライバのオプションはセーフモードでゲストのWindowsを起動していないとインストールできない。

結論から言うと、Macbook Air(mid2011) Lion + VirtualBox4.1 + Windows7ではAeroは有効にならなかった。
更にいうと、Windowsエクスペリエンス・インデックスも途中でエラーで落ちてしまい完走しない。


mba-win02.jpg



VirtualBoxのグラフィックはやはり有償の他2つと比べるとパフォーマンスが劣り、かつ不安定なようなので、
SundyBridge内蔵のグラフィックではやはりまだ無理なのだろうか。
誰か動いてる人いたら教えて。。。


ただ、グラフィックが関係ないような処理においては概ね快適に使用できる。
特にフルスクリーンでMacのデスクトップを一つ占有させておいて、4本指スワイプで切り替えして使えるのはすごく自然にMacとWinを使えて素晴らしい。
これならWindowsでもWXGA+の解像度で使用できるので快適だ。
共有フォルダやシームレス機能も概ね問題なし。
メモリが4GBしか無いし、当然CPUもある程度食うので、特にバッテリー駆動中などは常にWindowsを起動させておくという訳には行かないが。

ParallelやVMwareではMacbook AirでもAeroが使えるようなので迷うところだけど、とりあえず使っていて困った事があるまでは様子見かな。


====(追記 '11/08/16)====
制限事項や不具合等かるく引っかかった部分
USキーボードのMacbook Airではインストール時(又はデバイスマネージャーのキーボードドライバから)にUS102を選択する
この場合日本語入力の切り替えはShift + CapsLockで出来る。
IMEの設定で切り替えをShift + Ctrl等に設定しようが無視される。
左右Commandキー(ゲスト上では左右Windowsキー)は、Windowsキー + 「`(アクサングラーブキー)」とが重なって入力される。これもどう設定しても回避できない模様。
上記より、まずChangeKeyというソフトを使って「`」キーを無効にする。その後、AutoHotkeyというソフトで、左右WindowsキーをShift + CapsLockキーに割り当てるこれでMacと同様にCommandキー単独で日本語入力の切り替えが出来る。
※制限事項として、当然無効にした「`」は打てなくなる。
※VirtualBoxのホストキーをデフォルトの左Commandのままだと何かと競合する?右Altあたりのどうでも良いキーに変更するのが無難っぽい。

「システムのチップセット」設定をICH9とかに弄ると、プチフリ的な挙動を起こす。このあたりはデフォルトの設定(PIIX3)のまま変えない方が無難みたいだ。

既に色々な所で言われているが、USB2.0コントローラーの使用には拡張パックのインストールが必要。これはVirtualBoxの公式よりDLできる。

定番だが、ネットワークをブリッジ接続にして別IPアドレスを取っておけば、ゲスト側からそのままネットワーク上(NASとか他のWindowsマシン)の共有フォルダ等を使用できる。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2011/08/15 | 18:04 ]
Category: Mac/iPhone/iPod | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:y
情報科の大学生。


・PC/ガジェット
ThinkPad Edge E130
ThinkPad X201s
MacBook Air(mid2011)
ThinkPad G50
Thinkpad X31

(自鯖)
Core2Duo E8400
mem 8GB
ASUS P5Q-EM
Gentoo Linux(kernel 3.5.7)

最新の記事
最新のコメント・トラックバック
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。