人柱しないヒトバシラー

PCとバイクのブログ。ちなみに人柱はもはやほとんど関係ありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ [ --/--/-- | --:-- ]
Category: スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Windows8とUbuntu 12.10のデュアルブート 

Thinkpad Edge E130にWindows8がプリインストールされた状態で、普通にUbuntu 12.10をインストールしてデュアルブートにしようとすると、GrubからWindows8が起動できません。

error: can't find comand `drivemap'.
error: invalid EFI file path.


grub2-2.jpg



※ちなみにこの状態でもEFIのBootSelector(ThinkpadならF12キーを押す)を使って、それぞれ起動することができます。
uefi-1.jpg




この症状は、先日購入したThinkpad Edge E130など、BIOSの代わりにEFIを使用している最近のPCで起こるようです。

この状態になってしまってからデュアルブートを実現する方法には,簡単なものでは以下の2通りがあるようです.
1.EasyBCD ver.2.2を使って、WIndows8のGUIなブートローダでubuntuを選択できるようにする。
2.ubuntuに付いてくるGrub2を使って、Windows8をチェーンブート出来るようにする。


【1.BCDを変更してWindwos8のブートローダを使う】
Windows8BMa1_20130122144924.jpg

1つ目は、EasyBCD ver.2.2を使ってBCDを変更して、Windows8のブートローダでデュアルブートをする方法です。

この方法については、マルチブート:windows8/ubuntu12.10 - superjeter007のブログにやり方が書いてあります。
また、英語ですがDual-boot Windows 8 and Ubuntu 12.10 on UEFI hardwareには写真付きで手順が詳しく出ています。

ポイントは、ubuntuをインストールする際の「Device for the boot loader installation」を、デフォルトで選択されているディスクの先頭ではなく、マウントポイントが「/boot」になるパーティションに指定することです(上記英語サイトの手順12です)


私の場合は,すでにubuntuをインストールする際、これまでのBIOSでのデュアルブートの時と同様に,ブートローダをディスク先頭に書き込んでしまっていたため、下の2の方法を使うことにしました。


【2.ubuntuに付いてくるGrub2でWindows8をチェーンブート出来るようにする】
既にwindowsが入っている環境に後から普通にubuntuをインストールすると、デフォルトで起動時にgrubが読み込まれるようになります。
これまでは、そのままでwindowsとubuntuが選択できましたが、今回は以下の作業が必要になります。

super user権限で「/boot/grub/custom.cfg」を新規作成し、以下の内容を書き込む。
(sudo emacs /boot/grub/cutsom.cfg など)

#This entry should work for any version of Windows installed for UEFI booting
menuentry "Windows (UEFI)" {
  search --set=root --file /EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
  chainloader /EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
}


その後、grubのconfigファイルを更新するために、以下のコマンドを実行する。

sudo update-grub


これで再起動すると、grubメニューの一番下に「Windows (UEFI)」が追加されているので、それを選択するとWindows8が起動できます。
grub2.jpg

この情報は英語版のフォーラム(askubuntu.com)に書いてあります。
grub2 - Windows 8 wont boot after installation of 12.10 - Ask Ubuntu

この問題については,同フォーラムにも色々な記事があり,中にはgrub.cfgを改変するよう書いてある記事もありますが,grub2ではgrub.cfgを直接編集されることは推奨されていません.
今回のように,update-grubコマンドを用いてgrub.cfgを生成する方法を用いるべきです.


ちなみに、Thinkpad x201s(EFI対応ではなくBIOS)+ Windows8 + fedora18では以前通り普通にインストールするだけでデュアルブートできました。


【追記:Windows8の高速スタートアップについて】
Win8の高速スタートアップは無効にする必要があります.
有効にしておくと,Win8でシャットダウンしたあとの起動でGrub2の画面へのキー操作が出来なくなります.
※高速スタートアップでは,完全にシャットダウンせず半休止状態にすることで,次回の起動を高速にしています.
詳細・設定方法:Windows 8レボリューション:第17回 素早い起動を可能にする「高速スタートアップ」 - @IT


【補足】
ubuntuでは,12.04.2以降又は12.10の64bit版のものがSecureBootに対応するようです.
また,32bit版ubuntuは,バグによりUEFIではうまく動作しないようです
Bug #1025555 “Ubuntu i386 images are not compatible with recent (UEFI) computers ” : Bugs : “grub2” package : Ubuntu
Bug #1173527 “make the i386 *buntu version check for UEFI” : Bugs : “ubiquity” package : Ubuntu
(すなわち,32bit版しか提供されていないubuntu 日本語Remixは,ubuntu 12.10であってもUEFI Boot/SecureBootに対応しないということになります)

インストール方法などの詳細は,UEFI - Community Ubuntu Documentationに書かれています.

なお,この問題は主にUEFIなハード + プリインストールWindows8で発生するもので,BIOSなハードでは発生しません.


選択が可能ならUEFIを無効にしてしまうという手もあるように思いますが,Win8の高速起動はUEFI Bootでこそ生かされるので,各OS/ブートローダのUEFIやSecureBootへの完全な対応を待ちたい所です.
(参考:【清水理史の「イニシャルB」】 Windows 8を覚醒させるUEFIチューニング~電源オンから5秒以内に起動するPCを実現する -INTERNET Watch
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ [ 2013/01/22 | 16:15 ]
Category: linux | TB(0) | CM(2)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/02 23:13 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/04 16:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yabu

Author:yabu
細々と大型バイクを維持している情報科の大学生。

2011北海道ツーリング記

・バイク
大型自動二輪免許
HONDA VFR800(RC46-2 '02年式)

・PC/ガジェット
ThinkPad Edge E130
ThinkPad X201s
MacBook Air(mid2011)
ThinkPad G50
Thinkpad X31

(自鯖)
Core2Duo E8400
mem 8GB
ASUS P5Q-EM
Gentoo Linux(kernel 3.5.7)

・CGIゲーム
野球ゲーム
劇空間ぱわふるリーグα
劇ぱわ 超短期決戦
劇空間ぱわふるリーグ ランキング無料ブラウザゲーム
すごろくゲーム
珍走記
珍走記★リアルタイム
珍走記★リアルタイム2
無料CGIゲーム【珍走記】設置サイトランキング

メールフォーム(予備)

最新の記事
最新のコメント・トラックバック
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。